導入事例

エンタメ業界初の取り組みとして、顔認証アプリ「NameVision」を活用した、メンバー総勢約60名の顔辞典によるメンバー情報の提供。ファンとの新たなコミュニケーション手法を実装!

メインビジュアル

小学生から高校生までのメンバーで結成された大型育成プロジェクト「Shibu3project」(シブサンプロジェクト) が、エンタメ業界初の取り組みとして、顔認証アプリ「Name Vision」を活用した、メンバー総勢60名(※8月1日現在)の顔辞典によるメンバー情報の提供を8月19日より開始しました。 エンタメ業界で顔認証技術がどう活用できるのか、課題からプロモーション連動など導入事例をご紹介いたします。

導入した背景

60名というメンバーそれぞれの個性をどう認知してもらえるか、ファンとの接点を強化したい。

管理面だけではなく,コミュニケーションツールとしても使用

導入した決め手

メンバー全員をスマホでかざし「顔認証」で知ってもらえる、エンタメとしての新しいチャレンジ。

問題解決だけではなく、プラスαの取り組み

活用方法

新曲リリースに合わせたプロモーションにも活用。デジタルとエンタメの進化を検証!

活用した所感

聞かせて!豊田ルナ(メンバー)からのメッセージ、「顔辞典」その感想は?!

導入の効果

容易に気になる子の情報にアクセスできて、フォロワーの獲得増に大きな可能性

今後の目標や展望

キャスティング関係者様向けの営業プロモーションツールとしての活用

INTERVIEW

会社名:株式会社プラチナムプロダクション

お名前:秦 栄司

役職:マネジャー

Company information

会社名:株式会社プラチナムプロダクション

業界:芸能プロダクション事務所

地域:東京

従業員規模:75名

URL: https://platinumproduction.jp/

記事カテゴリー
展示会やカンファレンス
シェアリングエコノミー
交流会
美術館や動物園
EC
広告
選挙
テレワーク
エンタメ
地域
セキュリティ
金融連携
>