サービスServices

sVisionでは顔認証の技術を用いた
プロダクト開発、プラットフォームサービスを
展開しています

顔認証アプリ Name Vision

個人向け

スマホカメラで取り込んだ「顔」を、当社認証システムで300名以上の歴史上の著名人とマッチングします。 歴史の勉強中に「顔」で情報を探す、友達やご家族と問題を出し合うなど、エデュケーションツールとして、また、学びの興味を増やすアプリとしてご利用いただけます。

もっと詳しく

Name Vision プラットフォーム

企業向け

NameVisinプラットフォームは、御社独自の顔データベースをご提供するサービスです。 顔認証技術で、サービス向上、マーケティング、社内環境の向上など新しい価値を構築します。

もっと詳しく

導入事例

コワーキングスペース「MIDORI.so NAGATACHO」にてコミュニティマネージャーのコミュニケーションのサポートを目的に顔認証技術を活用

MIDORI.so NAGATACHOのコミュニティマネージャーがsVisionが提供する顔認証技術を通じて、お互いをより深く理解しあう環境の構築をサポートし、コミュニケーションを深化させることで可能性を広げ、みんなの笑顔が生まれるこれまで以上に楽しい場づくりを目指していきます。

もっと見る

エンタメ業界初の取り組みとして、顔認証アプリ「Name Vision」を活用した、メンバー総勢約60名の顔辞典によるメンバー情報の提供。ファンとの新たなコミュニケーション手法を実装!

小学生から高校生までのメンバーで結成された大型育成プロジェクト「Shibu3project」(シブサンプロジェクト) が、エンタメ業界初の取り組みとして、顔認証アプリ「Name Vision」を活用した、メンバー総勢60名(※8月1日現在)の顔辞典によるメンバー情報の提供を8月19日より開始しました。

もっと見る

東京都知事選において、候補者を顔認証するとマニフェスト等が表示できるサービスを提供

withコロナにおける新たな選挙の形
人が集まる集会や演説等の選挙運動が制約される中での、東京都知事選
新型コロナウィルス感染症拡大における緊急事態宣言は解除となったものの、可能な限り人と人の接触を抑える前例のない選挙戦が求められており、人が集まる集会や演説等の選挙運動が制約される中で、候補者はいかに自らの主張を伝え…

もっと見る

日本初!メガネの産地「鯖江」で「職人顔辞典」による新たなプロモーション手法を提供

ものづくり産業のDBX化に向けた取り組み
鯖江商工会議所は、中小企業の持続的なイノベーション創出を支援する事業の一環として最新のテクノロジーを活用した「モノづくり産業のDBX(デジタルビジネストランスフォーメーション)化」に向けた取り組みをスタートしました。第一弾として、オンラインメガネ展示「SAN/CHI2021」の会場にて、顔認証アプリ「NameVision」を活用し、モノづくりに対する消費者の新しい出会い方・選び方を実現する「職人顔辞典」…

もっと見る